業界職種説明

ディレクター(アートディレクター)

制作関連の品質や、各工程の細やかなスケジュールや内容を把握し、管理をしていくお仕事です。
デザインや文章、印刷関連など幅広い知識が必要とされ、プロデューサーやクライアントに対してプロモーションする機会も多く、豊富な知識を生かして語れるコミュニケーション能力も必要とされます。

デザイナー(グラフィックデザイナー)

グラフィックデザイン、エディトリアルデザイン、パッケージデザイン等、主に紙(平面)媒体を中心にデザインするグラフィックアートの中心的位置を占め、商業デザインとしての働きがけが大きな分野を占めるデザイナーになります。

DTPオペレーター

デザイナーの指定を受け、雑誌・情報誌・ポスター・カタログ・DMなどの広告物等の制作業務になります。正確で早いオペレーションが要求されますが、業務として数多くの作品に触れることでデザイン力を身につける事もできます。

校正

文字校正・色校正等種類はありますが、印刷物等の字句や内容、体裁、色彩の誤りや不具合を、原稿、ゲラ刷りの段階でチェックし、校正記号などを使って、誤りを直すお仕事になります。

編集

雑誌・情報誌・書籍・新聞等を刊行するために、資料や原稿を集めて一定の方針の下に取りまとめることをいう。印刷所への入稿や出稿の窓口となり、原稿のやりとりをしたり印刷・製本工程に指示を与えたり、出版までのスケジュール管理も行います。

WEB制作(デザイナー・オペレーター)

WEBコンテンツの制作、WEBデザイン、などの様々な業務があります。企業のホームページなど、会社案内や製品サービスの案内の各コンテンツ制作が主な内容になります。